東オホーツク河口にてアキアジ爆釣!人生初の2ケタ達成とメス打率8割という奇跡




実に今季アキアジ釣り12戦目のSOHTAROである(`・ω・´)

戦数のわりにアップ記事が少ないのは、言わずもがなそう、釣れていないからである(笑)

8月中旬に太平洋サーフで8本をあげて以来、9月上旬までは見事な空振り劇を繰り広げた。例年通りであれば、釣果を稼げているはずだった別海近辺が、今年はお通夜会場と化し、複数回の釣行は全て徒労に終わった。

そこで別海には見切りをつけ、心機一転、「東オホーツク」にフィールドを移し、ようやく今季2度目の水揚げができたのが前回の釣行(3ゲット2バラシ)。※しかしこの日はカメラを忘れるというブロガーとしてあるまじき失態を犯したため記事アップはなし(°∀°)ヒィィィィ

ということでその1週間後、前回良い思いをさせてもらったこの釣場に再び舞い降りたSOHTAROである。

東オホーツク某河口にてAM3時より実釣開始。が、厳しいコンディションに苦戦

現着がAM2時半ころ。駐車場から海岸は見えないが、車から降りた瞬間に嫌な予感が的中した。波が高い。

波のクラッシュ音が周囲に鳴り響いている。ほぼ無風ではあるが、前日の時化の影響が残っているようだ。しかし前日、フカセの名士Gさんより得た情報によれば、、、

フカセのGさん
昼から入釣して夕方3本釣れたよ~!ウッヒャヒャヒャ!!

 

とのことだったので朝マヅメも十分狙える可能性がある。加えて、時化の影響についても特にコメントがなかったことから、さほど悲観的にならなくてもよさそうだ。

河口に降り立つとやはり波が高い。暗くて濁りの状況は分からないが、1mほどの白波にウキルアーとラインが翻弄されている。時折アキアジが極浅の河口を背びれを出しながら、バシャバシャと走り回っているので、魚はいるはずだが、このコンディションは厳しい。

ふと目をやると、ゾクゾクと入釣者が左岸方向へ歩いていく。

 

SOHTARO
今日は河口じゃないのか…??

実は自分、この釣り場のポイントがよく分かっていない…(´・ω・`)

今年になって初めて訪れたフィールドである。前回は河口で3本あげたが、今回もうまくいくとは限らない。すると、左岸のアングラーが1本釣り上げたのを発見!!

そこですぐに移動を決意した。

波しぶきを受けながら4時半まで粘るもアタリすらなし!

早速、その1本を釣り上げたお兄さんの横に入る。

移動先は大きなゴロタ石で埋め尽くされ、それに打ち砕かれる波しぶきがすごい。少しでも波をかぶらないよう、滑りやすいゴロタ石のうえでバランスをとりながらキャストを続ける。しかし潮と波によってウキとラインが左方向にどんどん流されて非常にやりずらい。

そんな中でも隣のお兄さんはヒットを連発(ほぼバラしてはいたが)…自分にはアタリすらなし…(((((((( ;゚Д゚))))))))

1時間半ほど色々と試行錯誤してみたが、波しぶきを顔面に複数回浴び、腕にも浸水してきたところで気持ちが折れた(笑)ということで、さらに左岸に移動することにした。

SOHTARO
相性の悪いポイントは切り捨てる勇気も必要!(←負け惜しみ)

ついに待望の秋サケがヒット!爆釣劇の幕開け

この時点で時刻はAM5時。周囲はすでに明るくなっている。スタートから2時間が経過していた。

30mほどさらに移動した左岸の状況を確認する。するとなるほど、、、波のパワーはいくらか影をひそめ、しかも足元は玉砂利化しており、非常にやりやすそうだ。そしてコンスタントに釣れている。

が、そのようなポイントには人も集中する。かの有名な罵声と怒号が飛び交う地獄の釣り場「止別」では50cmでも隙間があれば、割り込みは当然のこととして理解されているらしい。しかし、自分にはそこまでの勇気はない。

がしかし、この釣りでは多少の強情さ・強引さも持ち合わせていなければ、結果を残すことが出来ない釣りであることもまた事実。しばし後方から状況を観察し、若いお兄さん2人組とおじいさんの間に入らせてもらうことにした。みたところ、彼らに交友関係はなさそうだ。

TORACHAN
連れ同士の間に割って入るのはバツ悪いもんな!
SOHTARO
そーゆーこと!!

 

期待を胸にキャスト開始。

隣のお兄さん二人組がテンポよくアキアジを釣り上げていく。ウマいもんだ(すでにこの時点でお兄さんたちが釣り上げたと思われる魚が陸に4~5匹横たわっていた)

逆隣のおじいさんもヒットする。

自ずと期待が高まっていく…!!逸る気持ちを抑えながらゆっくりとリトリーブを続ける…。すると…!

 

「ググン」という微かなアタリとともに、竿先がわずかに垂れた…!!

 

ガツン合わせる…!!ついにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━っっ!!

 

思わず「ヨシっ!!」という言葉が漏れる。単独釣行での独り言は、冷静に考えれば多少イタイ奴にみられるかもしれないが、そんな羞恥心なんて抑えられないほど、初ヒットというのは嬉しいものである…(`・ω・´)♪

人が多いのでドラグはガチガチだ。ラインを出されてオマツリするわけにはいかない。左に走られてほぼ真横にロッドがしなる。石の合間を縫って強引に引き上げる。

女の子だった…(*´꒳`*)♥

幸先良い初ヒットに思わず顔がにやける。ルアーはグリピンヤマメ35g。下あごにガッチリフッキングしていた。

 

ちなみに、フックは手で外すのがSOHTAROなりの流儀である(もちろんハンマーで魚をおとなしくさせたあとに)。過去にはペンチで外していたこともあったが、フックが折れたりカエシが欠損するという苦い体験からこうしている。

 

さて次の一尾を狙う。

 

むっ…??

 

むーーーっ!!

 

おっしゃあああああ!!!(°∀°)!!!

 

2本目は結構重かった…これはグッドサイズの予感!波しぶきを受けながら強引にずりあげる。

 

体高のあるでっぷりと太った女の子だった…こりゃあイクラ祭りだな…(○ˊᵕˋ○)♥

サモメタ45gに変更してさらに追加!ライトタックルでも初釣果

ふと周りに目をやると皆ブルー系のルアーで釣っている。グリピンヤマメの反応が落ちてきたので、今年の太平洋サーフでも威力を発揮したお気に入りルアー「サモメタ(ブルー)45g」に変更。

【精鋭】年間釣果49本に貢献したサケ(アキアジ)釣り用ルアー6選

7月 14, 2019

 

ほどなくして本日3本目のメスがヒット!!

 

そしてその後、このルアー変更がキマッたのか一気に5本を追加!!

 

その後、サモメタへの反応が少し落ちてきたので、以前から試してみたかったライトタックルにトライしてみた。

Northern Lightsの30gアワビカラーに、自作16号ダブルフックと、アキアジ用としてはかなり小ぶりなシステム。これで魚にも気分転換をしてもらおうという目論見。すると、、、

一発で喰ったっ!!!(゚∀゚)!!!

ドンピシャ狙い通り!これほど気持ち良いことはない。

最終釣果は10本。メス8オス2バラシ多数!

一日で2ケタ釣果はSOHTAROも初めてのことであるが、同時にメス率8割というのも非常にレアである。ちょうどメスの群れに当ったのかもしれない。

次から次へとメスを釣り上げるSOHTAROをみていた隣のお兄さん二人組にもツッコまれた。

隣のお兄さん
それなんかおかしいよ!きっと帰りの道中鹿と衝突事故のパターンよ(笑)
SOHTARO
うん、たしかにおかしい…なんか嫌な予感する(笑)

結局何事もなく無事に帰宅できてホッとしたのであるが、少なく見積もっても総額2万円以上のイクラを一日でゲットしたSOHTARO。アキアジの女神様より、諦めずに釣り場に通い続けた自分へのご褒美を頂いたのだと自分に言い聞かせることにした。

水揚げは少なく見積もっても推定300本以上?東オホーツクの底力をみた

実はこの日、前日の釣果情報をくれた「フカセの名士・Gさん」もこの釣り場にいた。

フカセのGさん
今日はメス13オス3バラシはたくさん!!フカセ最高よ~ウヒャヒャヒャっ!!
SOHTARO
まじか…この人結構ウマいんだな…

Gさんとは今年からの付き合いである。

厚岸の釣場でたまたま情報交換したのがキッカケで仲良くさせてもらっている。釣り歴はおそらく40年以上。テンションがあがると何をいってるのかよく分からなくなるGさんだが(笑)、釣りの腕前は超一級である。実際離れてみていたが、多数のフカセ師の中でも抜群の釣果をあげていた。

ウキルアーを好む自分のスタイルとは異なるが、結果を出しまくるGさんには敬意の念を感じざるを得ない。

兎にも角にもこの日はよく釣れていた。

午前中だけでも、少なく見積もって一人平均3本だとしても、×100人でトータル300本はあがっていると思われる。今日この釣り場を選定したのは大正解だったようだ。

あとがき

いや~なんとも最高の一日となりました!!(°∀°)

楽しくてAM3時~PM4時までやってしまいました(午後の部は2バラシで終了しましたが)…そのおかげでキープして持って帰ってきた魚をさばくパワーは残っておらず、すべて職場の先輩に進呈することとなりました(笑)

大量のイクラの醤油漬けを作って冷蔵庫にストックしておいて、いつでもイクラ祭り2019を開催できるようにしておく予定だったのですが…。

SOHTARO
まあまた釣れるでしょ!!
TORACHAN
それはどうかな(笑)

来月10月からは羅臼や網走がメインフィールドになるかと思います。

今季成績は現時点で21本!昨年成績50本を上回るべく、残りのシーズンも頑張りまする~!!(`・ω・´)キリッ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です