鮭(アキアジ)釣り用タコベイト付フックの自作方法まとめ




アキアジの浮きルアー釣りといえば、ルアーのお尻にタコベイト付きフックをつけるのが定番となっていますが、既製品のタコべーフックは500円前後と高額です。

まあタコベーに限らずウキやルアー、エサなどアキアジ釣りは金のかかる趣味ですよね。仕掛けまるごと1個ロストすれば2千円が吹っ飛びます…僕も昨年は2回やりました(´;ω;`)ウゥゥ

だから昨年よりできるだけ各アイテムを自作してコストカットに励んできました。とりあえず初心者でも作りやすい(?)タコベイト付フックから手をつけまして、10セットくらい自作に励んだところ、大分作り方のポイントやコツなどが分かってきたので、今回はそのノウハウをまとめてみます。

この作り方が正解とは限りません。自己流なのでもっと効率的なノウハウがあるかもしれません。ということで参考までにどうぞ!

【目指すもの】タコベイトサイズ2号/ダブルフック/平行針

上記のタコベーは僕が以前購入していた既製品であり、これと同様のものを作ります。

タコべイトの長さは2号(=2寸≒約6cm)です。アキアジ用としては中間サイズですね。他には2.5号、1.5号などを使う人が多いでしょうか。

フックはシングルではなく、2本仕様のダブルフックが好きです。諸説ありますが、やはりダブルの方がバラシが少ないように感じます。で、2本のフックは平行に配置した平行針とにすることが多いです。段差針よりも平行針の方がエサ装着が楽なのがその理由。

上記画像にはティンセル(タコベイトの中にあるキラキラスカート)が付いていますが、自作フックには付けません。経験上、ティンセルなしでも釣果にさほど影響しないことが分かったからです。

用意する材料・工具

僕が釣具屋で調達してきた材料です(工具は除く)。参考までにどうぞ。

  • フック : スーパーアキアG/がまかつ製(20号/チモト形状は平打ちタイプ/20本入り/¥1,000くらい)
  • タコベイト : YAMASHITA製(2号/ピンク系/5個入り/¥500くらい)
  • PEライン : 8号(5m/¥200くらい/近所の釣具屋にて適当な自作用PEラインを購入)
  • ゴムチューブ : サルカンのヘッドに合う適当なもの(外径4mm内径2mmくらい/20cm前後/¥80くらい)
  • サルカン : ローリングサルカン/イシナダ釣工業製(5号/強度34kg/10個入り/¥150くらい)

※工具はラジオペンチ(できれば2つ)、瞬間接着剤があればOKです。

タコベイト付きフックの作り方

作業全般にいえることですが、フックが手指に刺さらないように十分注意してください。僕も何回かやりました(´;ω;`)今気づきましたが(遅)、あらかじめフック先端を保護しておけば安全ですよね(ゴムパイプかぶせておくとかテープ巻いておくとか)。

まずフックにPEラインを結んで(僕の場合は外掛け結びで巻数は5回ほど)、PEを10cmほど残してカットします。そしてペンチ2本で両端を引っ張り締め込みます。ちなみにPEラインは水で湿らせておくとより強固に締め込めます。

ラインは強度を満たしていれば何でもいいです。今回は安く小分け販売されていたPEライン8号を使いました。経験上、8号であればファイト中にまず切れることはないと思っています。

 

これを2セット作ります。

 

ラインの2か所を玉結びにします。①はファイト中に針が暴れてライン同士が絡むのを防ぐために結んでいます(好みです)。②については後述するスイベルへの結束時に、ここを結んでおいた方が作業しやすいためです。

余分なラインはこの時点でカットしてもいいのですが、万一緩んでしまった時の再締付のために僕は最後まで残しています。

 

画像のように全長が6cmくらいになるように、サルカンとPEラインを結びます。ハーフヒッチで交互に4~6回ほど。細かい作業が続きますが針先でケガしないように注意しながら進めます。

 

適当な長さに切ったゴムパイプをサルカンにはめ込みます。このゴムパイプがタコベイトの脱落を防いでくれます(ストッパーの役割)。

 

ラインの緩み防止として3か所、またゴムパイプ脱落防止として1か所、各部位に瞬間接着剤を流します。そしてしばし乾燥させます。

 

タコベイトを準備します。

もともと新しいタコベイトの先端は貫通していません(塞がっている)。ここをハサミでカットするわけですが、切りすぎて穴サイズが大きくなると、タコがサルカンをすり抜けて脱落してしまうので、数回に分けて慎重にカットします。

 

余分なPEラインをカットしてタコをセットします。あらかじめドライバーの先端などでタコを裏返しにしておくとセットしやすいです。

 

完成品。タコ足から針がはみ出さないこのくらいのサイズ感が個人的には好きですね。

【自作は安い】ダイソー製タコベイトならさらに安くできる

自作は材料調達で初期投資がかかりますがトータルコストは安く済みます。単純計算で1セット200円少々で製作可能。既製品だと500円前後ですから半値以下で作れちゃいますね。

さらにタコベイトをダイソー製に置き換えれば、1セット120円ほどまでコストダウンできます。

ダイソー製タコを装着してみた状態。うーん…ダイソータコは価格相応ですね。タコのシルエットが一本調子で立体感に欠けます。まあこれと釣果は別問題ですから今年はコイツも試して見ようと思います。

また経験談ですが、釣行には必ず予備の新品タコベイト付フックを数個携帯したほうがいいです。針先が鈍化したら即交換です。よくいわれているように針先の状態は釣果に直結します。余談ですがバラシ5連続のあとに針先チェックしたらなんとカエシがなくなっていたこともありました。こまめな確認&即交換って大事…(´・ω・);

ということで今年も本格シーズン始まる前にせっせとタコベイトフック製作に励みます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です